理想のバストのサイズを把握しよう!コレで理想のバストがわかる!

理想のバスト

理想のバストというものは人それぞれ。小胸さんでも「Fカップになりたい」という人もいれば、「Dカップになりたい」という人、「少しでいいから今よりも大きくなりたい」という人など理想とするバストは人それぞれです。

 

でも多くの女性は、あまりにも大きいバストは日常生活をするのに不便という理由から「ちょうどよい大きさ」などとぼんやりと考えているようです。

 

では、理想のバストとはどのようなものなのでしょうか。

 

☆バストの形から理想のバストを見つけよう!

 

バストの形にもいろいろあります。

 

主なバストの形を紹介しますね。

 

@お椀型
お椀をテーブルにふせたような形。横からみると半円に近い形をしています。鎖骨と乳房の間が少しあいていて、平均してみると日本人女性に一番多い型。

 

A半球型
地球儀を半分に割ったような形。横からみるとお椀型に似ていますが、半球により近い型。

 

B皿型
バストのトップとアンダーの差がほとんどない状態で、お皿のように平らなバストのこと。俗にいう「ペチャパイ」というやつです。

 

C円錐型
バストの直径よりバストのトップから基底まで高さがあり、上にツンと突き出すような形をしています。西洋人に多い型。

 

D釣り鐘型
ボリューム感はありますが、円錐型よりバストトップの位置が下がっている形。

 

E三角型
デコルテからバストに向けて反った形で、横から見ると三角形に見える。加齢でバストが下がると三角型になることがある。

 

これらのバストの型で「美乳」と言われる理想の形は「半球型」です。
そうはいっても円錐型をお椀型にするなどといった、胸の形を大きく変えるようなことはできません。

 

着用するブラジャーによってはある程度きれいな胸を作ることはできるでしょう。

 

☆理想の胸のサイズの出し方!

 

身長とバストの大きさのバランスがいいとスタイルが良く見えます。

 

スタイルが良く見えるバストと身長の比率は、

 

理想のバスト=身長×0.53

 

と言われています。

 

例えば、私は身長が150pなので、計算すると150×0.53=79.5が理想の大きさです。

 

トップバスト79.5というとどんなブラサイズになるのでしょうか?

 

アンダーは市販のブラサイズで一番小さい65pで考えます。

 

79.5p−65=14.5p差でカップ数はC65ということになります。
これが目安ですが、あったほうがいいですよね。

 

☆理想のバストの位置はどこ?

 

鎖骨と鎖骨の間から両方のバストのトップを結ぶとラインが正三角形になる位の場所が最もきれいに見える理想の位置と言われています。(バージスラインといいます。)
さらにバストのトップの高さは肩と肘のちょうど真ん中あたり、左右のバストトップの位置は顔の幅と同じが理想的です。

 

☆理想のバストにするには

 

 

バストを大きくするには

 

@血行を良くする。
A女性ホルモンの分泌をよくする
B筋トレでバストトップの位置を上げる

 

という方法が効果的です。

 

血行を良くするにはいろいろ方法がありますが、日常生活に血行を良くする習慣をつけるといいでしょう。
例えば、お風呂はシャワーだけでなく、湯船につかることをおすすめします。
食べ物は身体が温まる食べ物を食べたり、なるべく歩くように意識することで血流がよくなります。

 

女性ホルモンを活性化させるには、バストに良い食べ物を取り入れたり、バストアップサプリを飲むのがオススメです。

 

筋トレは1日10回程度の腕立て伏せでバストトップを上げることができるのでお勧めです。

 

☆バストアップしたいならバストアップサプリを使おう!

 

バストアップしたければ、バストアップサプリは必要不可欠と言えるでしょう。

 

バストアップサプリにもいろいろ種類がありますが、大きく分けると2種類あります。

 

@プエラリアミリフィカを使ったサプリ
Aプエラリアミリフィカを使っていないサプリ

 

@プエラリアミリフィカを使ったサプリ

 

プエラリアミリフィカというエストロゲンの分泌を活発にする成分を使ったサプリです。
プエラリアミリフィカの働きは強力なので、比較的短期間でバストアップできるのが魅力。
ただ、値段が高いことや、アレルギーがある方は飲むことができないなど、飲めない人もいます。

 

Aプエラリアミリフィカを使っていないサプリ

 

プエラリアミリフィカを使わずにブラックコホシュなどのハーブの力でバストアップできるサプリです。
プエラリアミリフィカのサプリと比べるとリーズナブルで、副作用もなく、誰にでも使うことができる反面、バストアップできるまで少々時間がかかるのが難点です。

 

アレルギーがなければ、どちらを使うかは完全好みです。
自分のお気に入りを見つけてバストアップしてみてくださいね。